So-net無料ブログ作成
2016年夏 東北 ブログトップ
前の10件 | -

【東北旅行2日目12】 平泉でレンタサイクルに乗る [2016年夏 東北]

駅にレンタサイクルを借りに行きました。
平泉駅前には何軒かのレンタサイクル屋さんがあります。
a20160902-134455-IMG_1180.JPG

暑くて漕ぐのも大変なので、電動をお願いしましたが
電動は2台しかなく、息子が自力走行することになりました。
私は電動自転車がはじめてだったのでドキドキしましたが
坂道でも楽々。
快調に進みます。
電動自転車ってこんなに快適なものだったのですね。
a20160902-142952-IMG_1185.JPG

でも写真を撮るためにとまっていると
息子と娘は母を捨てて視界から消えてしまう。
育て方を間違えたのでしょうか?
a20160902-143256-IMG_1188.JPG

姫待滝
名前から憧れのお姫様を待っているラブストリーかと思ったのですが、
脱走したお姫様をこの滝で待ち伏せして逃げられないように
髪を切ってしまった場所だということ。
a20160902-143617-IMG_1187.JPG

鬘岩
そしてこちらが姫待滝で待ち伏せして切ったお姫様の髪を見せしめにさらした場所とのことでした。
a20160902-142818-P1400501.JPG

実際は姫待滝のそばですが、平泉からだとこちらの方が
ちょっと平泉側です。
話の流れでこちらを後にしました。
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

【東北旅行2日目11】 毛越寺 [2016年夏 東北]

ちょっと遠回りしましたが毛越寺に向かいます。

毛越寺は国の特別史跡、特別名勝に二重指定された、
平安時代の優美な浄土庭園に境内の四季折々の花が彩る観光地です。

毛越寺の入り口をはいります。
a20160902-122713-IMG_1076.JPG

入口を入った所に延年茶の試飲がありました。
御利益ありそうな冷たいお茶を美味しくいただきました。
a20160902-123127-IMG_1079.JPG

松尾芭蕉の
「夏草や 兵どもが 夢の跡」
を新渡戸稲造が英訳したものです。
a20160902-123311-IMG_1081.JPG

毛越寺伽藍復原図
a20160902-123436-IMG_1083.JPG

は平安時代の庭の様子を残していると言われています。
a20160902-123850-IMG_1092.JPG

南大門跡
天正元年の合戦による兵火のため焼失
a20160902-123513-IMG_1085.JPG

本堂
毛越寺一山の根本道場。
平安様式の建物で、平成元年に建立されました。
本尊は薬師如来で、平安時代の作です。
a20160902-123543-IMG_1087.JPG

開山堂
毛越寺を開いた慈覚大師円仁をまつる堂
a20160902-124638-IMG_1107.JPG

講堂跡
基衡が建立したと言われ、『吾妻鏡』の文治5年9月17日条の平泉寺塔以下注文にも記されている建物
a20160902-124846-IMG_1110.JPG

金堂円隆寺跡
基衡が万宝を尽くして建立した勅願寺。
本尊は雲慶作の丈六の薬師如来でした。
a20160902-125223-IMG_1122.JPG

曲水の宴
庭園の遣水に盃を浮かべ、流れに合わせて和歌を詠む、平安時代の優雅な歌遊びです。
こちらで5月第4日曜におこなわれるようです。
a20160902-125357-IMG_1128.JPG

地蔵菩薩
このお地蔵様を信仰すれば
願い事が心のままになるということだそうです。
a20160902-125824-IMG_1138.JPG

毛越寺 お休み処 松風庵
おそばをいただきました。
お休み処ということでお味はあまり期待していませんでしたがおいしいお蕎麦でした。
a20160902-132443-IMG_1174.JPG
a20160902-132133-IMG_1166.JPG
nice!(4)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

【東北旅行2日目10】 金鶏山 [2016年夏 東北]

中尊寺をあとにして矢印に従って毛越寺に向かって歩きます。
a20160902-114554-IMG_1001.JPG
a20160902-114614-IMG_1003.JPG

途中には平泉文化遺産センターがありました。
無料で平泉に着いて学べる施設なので
時間があったらよりたかったのですが、今回は諦めました。
a20160902-114932-IMG_1008.JPG

平泉るんるん号がやってきました。
中尊寺と毛越寺をお参りするならこちらのバスに乗るのも良いかもしれません。
a20160902-115252-IMG_1011.JPG

ですが私達は毛越寺へ行く途中に寄りたいと思っているところがありました。
金鶏山です。
a20160902-115321-IMG_1013.JPG
こちらも世界遺産になっています。
a20160902-115621-IMG_1017.JPG

千手堂と書いてある壊れた鳥居?のようなところを通り
a20160902-115639-IMG_1020.JPG

こちらが千手堂。
こちらには安置されているのは
御本尊千手観音
弁財天尊十六童子
藤原3代将軍御位牌
藤原秀衡公木像
愛染明王像
不動明王像
そして前に道祖神があります。
a20160902-115649-IMG_1021.JPG

手作り感満載の鳥居をくぐり
a20160902-115729-IMG_1023.JPG

義経の妻子の墓
a20160902-115916-IMG_1031.JPG
義経の妻って静御前だとおもっていましたが正室は平泉でなくなった郷御前とのこと。
ここは郷御前のお墓ということでしょうか?

ハイキングコースのようなところを歩き
a20160902-120643-IMG_1047.JPG

金鶏山の頂上に到着。
a20160902-120341-IMG_1038.JPG
ツアーでは絶対に行かない世界遺産ということでかなり期待していたのですが、
眺望ゼロ。

下にあった世界遺産の看板によると
名称は「藤原2代基衡が黄金で雄雌の鶏を造り、山中にこれを埋めて平泉を鎮護した」という伝承があり、12世紀の経塚の高まりが残っています。
とのこと。
標高は98.6m。

歴史的には大切な場所ですが、登る場所ではなかったです。

観自在王院跡
毛越寺の隣にあります。
こちらも世界遺産。
『吾妻鏡』には藤原二代基衡の妻が建立した寺院とのこと。
a20160902-122306-IMG_1069.JPG
nice!(2)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

【東北旅行2日目9】 中尊寺をお参り7 [2016年夏 東北]

阿弥陀堂
ご本尊は阿弥陀如来のほか、蔵王権現や縁結びのご利益があるといわれる
歓喜天がお祀りされています。
20160902-105820ami.JPG

鐘楼
当初は2階造りの鐘楼だったそうです。
摩耗がはなはだしくて、今ではこの鐘を撞かれることはないそうです。
団体のガイドさんがこの鐘楼があったのが
世界遺産になった理由の1つと言っていたけど
それがなぜだかはお金を払っていない私たちは聞けなかったです。
20160902-105857bon.JPG

大日堂
20160902-110249daini.JPG

峯薬師堂
元は金色堂の南下にあったものをこちらに移動したそうです。
20160902-110332mine.JPG
薬師如来は除病安楽の願いをかなえてくれるとされていますが
とくにこちらは目の御利益があると言われています。
たくさんの「め」の絵馬。
20160902-110639-me.JPG

不動堂
こちらは昭和52年建立された新しいもの。
御本尊の不動明王は1684年、仙台藩主伊達綱村公により天下泰平を祈願し新調されました。
20160902-110658fudou.JPG

薬師堂
中尊寺にはこちらの薬師堂と峯薬師堂があるのですね。
20160902-111917yakusi.JPG

月見坂をくだります。
これからお参りの方、途中でバテバテになっている方もいらっしゃいましたが
頑張ってのぼってくださいね。
20160902-112818saka.JPG

3時間以上中尊寺に滞在してしまいました。
ツアーだと効率的にまわれると思いますが
個人だと時間がかかってしまいます。
でもその分回りたいところをまわれたので、よかったです。
ちなみに旅行記は5カ月かかってしまいまいました。
nice!(6)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

【東北旅行2日目8】 中尊寺をお参り6 一字金輪佛頂尊御開帳 [2016年夏 東北]

平泉の世界文化遺産登録5周年を記念して
秘佛・一字金輪佛頂尊の御開帳がありました。
20160902-100054-IMG_0935.JPG

なぜか讃衡蔵の建物の写真を撮っていなくて、通路の写真。
讃衡蔵の方は奥州藤原氏の残した文化財3000点あまりを収蔵する宝物館なので
通常でも見学可能です。
20160902-100140-IMG_0939.JPG

一字金輪佛頂尊のある讃衡蔵の秘仏室へ向かいます。
20160902-100210-IMG_0940.JPG

一字金輪佛頂尊の写真は不可。
購入した写真集から
IMG_20170812_0001.jpg
とても優しいお顔をしていました。

この時間まだ空いていたので、お寺の方に普段はお見せできないのでもっと近くでじっくりお顔を拝んでくださいと
言ってくださいました。
資料によると3代秀衡公の私的な念仏であったことから秘仏で
仏の中でも最も尊く徳が高いと言われています。

先ほどの御朱印帳にこちらの御朱印もいただきました。
20161101-130558-P1440860.JPG
隣は後から戻っていただいた本堂の御朱印です。
nice!(5)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

【東北旅行2日目7】 中尊寺をお参り5 [2016年夏 東北]

中尊寺白山神社
慈覚大師が加賀の白山をこの地に勧請し
自ら十一面観音を作って中尊寺の鎮守としたそうです。
20160902-094129-IMG_0904.JPG

能楽堂は耐震工事中でした。
1年近く前のことなので今は工事も終わったことでしょうね。
20160902-094338-IMG_0906.JPG

神社の方は工事はしていないので茅の輪くぐりもできました。
茅の輪くぐり、駅ハイで歩くようになってから知ったことですが、
息子と娘にまわり方を教えたりして親の威厳を・・・・
20160902-094500-IMG_0909.JPG

弁財天堂
仙台藩主伊達綱村公仙姫の寄進です。
20160902-095444-IMG_0925.JPG
池に睡蓮が少し咲いていました。
20160902-095852-IMG_0932.JPG

中尊寺特設消防隊
ちょっと懐かしさを感じる消防車。
出動の機会はあるのでしょうか?
機会があるというのは困ることですけどね。
20160902-095835-IMG_0930.JPG
nice!(6)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

【東北旅行2日目6】 中尊寺をお参り4  [2016年夏 東北]

金色堂を見学してさらに広い中尊寺を回ります。

芭蕉句碑
「五月雨の降のこしてや光堂」
と金色堂をみて残した句
20160902-092433-IMG_0876.JPG

経蔵
経蔵は讃衡蔵が出来るまでは、中尊寺が
保存管理していた経典等が収められていたお堂
紅葉の名所になっているそうです。
20160902-092308-IMG_0872.JPG

関山 天満宮
此の天満宮は鎌倉時代、菅原道真公第14世孫五条為視公が勅命により奥州平泉へ下向逗留の時、出生した乙王丸に京都北野天満宮より勧請して授けた天満大自在天神の御真影と観世音菩薩をお祀りしているそうです。
20160902-092644-IMG_0881.JPG

金色堂旧覆堂
現在の覆堂が建設される前はこちらが覆堂でした。
金色堂は1963年に解体移築されて現在の場所に移ったのですね。

前日に行った瑞鳳殿は火災によって国宝ではなくなってしまったけど
金色堂は解体移築されても国宝なんですね。
そのものがなくならなければいいということなのかな?
20160902-093101-IMG_0884.JPG


金色堂旧覆堂の中は「藤原秀衡八百年遠忌菩堤」と書かれた柱があり
後は当時を思わせる絵。
この建物で500年間金色堂を守ってきたのですね。
20160902-093442-IMG_0891.JPG

西谷坊
中尊寺の経蔵別当の位
20160902-093738-IMG_0901.JPG

1年も前のことなのですっかり忘れていますが、まだ続きます。
タグ:平泉 東北
nice!(5)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

【東北旅行2日目5】 中尊寺をお参り3 中尊寺金色堂 [2016年夏 東北]

金色堂を目指します。
こちらが金色堂。
20160902-090942-IMG_0861.JPG

とはいっても見えているのは覆堂で金色堂はこの建物の中にあります。
世界遺産になったとき、何度もテレビでこの風景をみて
この建物のどこが金色?って思っていたのですが
金色堂はこの建物の中にあります。
拝観料は金色堂・秘佛御開帳・讃衡蔵の共通券で大人1200円
    金色堂・讃衡蔵 で大人800円
秘佛御開帳もみたかったので、1200円の拝観料を払いました。

まず入り口で御朱印帳を購入。
こちらが中尊寺のオリジナル御朱印帳。
他にも御朱印帳をもっていますが、今回は購入しました。
P1440858.JPG

金色堂で御朱印帳を購入した場合のみ
見開きで御朱印をいただけるのです。
P1440859.JPG
これをお願いしたくて、先に本堂で御朱印をいただかずにこちらまで来たのでした。
混んでいるときだと並ぶこともあるようですが
私の前にお願いする人がいなかったので
お坊さんが黙々と半紙に練習していました。
一日何回も書いているのだろうに、その姿は書くことも修業の1つという雰囲気で
ちょっと感動しました。

中は撮影禁止です。
ちなみに金色堂の様子はこんな風。
20161101-130442-P1440857.JPG
奥州藤原氏初代藤原清衡が天治元年(1124年)に建立。
漆塗りの上に金箔を貼って仕上げられています。
金色堂の下には藤原4代のミイラ化した遺体が眠っているそうです。

御堂というにはあまりにも豪華すぎました。
拝観料がちょっと高いと思ったけどこれだけのものを保存することを考えると
しかたがないのでしょうね。

ちなみに上の写真はこちら中尊寺のガイドブック1500円より。
20161101-130425-P1440856.JPG

今回の東北旅行で息子が一番行きたかったのがこちらでした。
行ってみるだけの価値があったと思います。
タグ:平泉 東北
nice!(5)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【東北旅行2日目4】 中尊寺をお参り2 本堂 [2016年夏 東北]

ようやく本堂に到着。

本堂の拝観は無料。
あの有名な金色堂が本堂だと思っていたのですが
金色堂は別のところです。

本堂は明治42年に再建されたものです。
本堂の中には天台宗の総本山である比叡山延暦寺から、
分火された不滅の法灯が灯っています。
また、中尊寺の法要は殆ど本堂で執り行らわれるそうです。

秘仏 「一文字金輪仏頂尊」が御開帳とのこと。
平泉が世界遺産に登録されて5周年を記念しての御開帳。
本堂で拝めるのかと思いましたが別のところにあるようです。
御朱印をいただこうかと思いましたが、本堂の御朱印は
訳があって後からいただくことにします。

IMG_0847.JPG
IMG_0848.JPG
タグ:平泉 東北
nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【東北旅行2日目3】 中尊寺をお参り1 [2016年夏 東北]

中尊寺は今まで金色堂が本堂で入ればすぐにあるのかと思っていましたが
とても広いところでした。

八幡堂
西暦1057年、、鎮守府将軍の源頼義と義家が安倍氏を討つために、
ここ勝利祈願をしました。
IMG_0819.JPG

総門跡
IMG_0822.JPG

弁慶堂
1826年に再建されました。
藤原時代に五方鎮守のため火伏の神として本尊勝軍地蔵菩薩を祀り愛宕宮と称した堂。
中尊寺には御堂がたくさんあり御朱印も13カ所でいただけるようですが
この時刻は御朱印の準備をしているところのようでした。
御堂は僧侶がいないところは書置きされています。
IMG_0824.JPG

東物見
弁慶堂の近くにあり、眺めがよかったです。
IMG_0832.JPG

西行歌碑
「きゝもせず 束稲やまのさくら花 よし野のほかに かゝるべしとは」
桜の美しさを詠んだ歌です。
IMG_0988.JPG

地蔵寺
IMG_0837.JPG

奥の細道展
積善院ですが、こちらはお休み処として利用されているようです。
検索しても歴史的な場所としてより
飲食のところとして出てきます。
月見坂で疲れたらここで休憩するのもありかもしれません。
IMG_0840.JPG

観音堂
IMG_0844.JPG
タグ:平泉 東北
nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 2016年夏 東北 ブログトップ