So-net無料ブログ作成
2013年夏 台湾 ブログトップ
前の10件 | -

【台湾3日目9】 東洋のナイアガラ十分大瀑布へ行く [2013年夏 台湾]

十分大瀑布に行くことにします。
途中は竹に書かれた願いごとを見たり
P1070585.JPG

瓜が洗濯物のようにほしてあったり
P1070586.JPG

日本のガイドブックには載っていないような宿があったり
P1070590.JPG

タイミングよく列車が橋を渡る様子を見ることが出来
私には歩いていて楽しいところでしたが、
P1070612.JPG

とても暑くちょっと坂道もあって母には楽しくない歩きになってしまいました。

娘はマイペースで線路歩きを楽しんでいます。
私の世代だとスタンドバイミーを思い出す風景です。
線路のところって下は石で歩きにくいし、上はバランスとらなければならないので
結構歩きにくいですね。
P1070636.JPG

ようやく十分大瀑布に到着です。
入場料80NTD。
東洋のナイアガラといわれている十分大瀑布ですが
時期が悪かったのか思ったよりも滝の水が少なくて迫力がありませんでした。
P1070642.JPG

母は、わざわざ見にくる必要がなかったんじゃない、と不満そう。
以前だったらガンガン歩いていたはずなのに、体力も落ちていたのでしょうね。
よっぽど、この滝はつまらなかったらしく、帰りの飛行機でも
旅行は楽しかったけど滝はいらなかったね、と言っていました。
おまけに、帰国してから電話をした時も・・・

駅に戻ることにします。
帰りは、下りになるので母の不満は行きほどではありませんでした。
途中で電車がもし行きと同じように5分ぐらい遅れてきたら間に合うけど、ちょっと厳しいかな?
と、時計を見て言ったのですが、
私自身は次の列車にして土産物屋で時間を潰せばいいか、と思っていました。
多分娘も・・・
それなのに、母はその言葉で俄然パワーを発揮。
以前のパワフルな母に戻っていました。
さっきまで、あんなに歩くのが不満そうだったのに、
前を歩いている人たちをどんどん追い抜き駅に到着。

駅にたくさんの人がいるのを見て「間に合ったね」と満面の笑み。
そして、母の笑みと同時に電車が入線してきました。

たくさんの人で乗れないかと思いました が、母の読み通り急いで最後尾にいくと
乗り込むことができました。

さすが、こんな時の母は強い!
今でも得意げに電車に乗り込んだ母の顔を思い出します。
タグ:台湾 十分
nice!(5)  コメント(10) 

【台湾3日目8】 願いよ、天までとどけ! 十分の天燈上げ [2013年夏 台湾]

列車も1時間に1本ぐらいしか来ないのでみんな線路を歩きます。
P1070533.JPG

線路の上で皆が何かやっています。
これが今回こちらまで来た目的の天燈上げです。
願いごとを書いて、線路から天燈を飛ばします。
P1070535.JPG

自分の願いにあった色の天燈に願いを書きます。
P1070538a.JPG
一色なら100NTD、強欲3人組は4色の150NTDにしました。
でも、組み合わせは既に決まっていてかなり悩んだ末娘は5番の組み合わせ。
一応日本語訳もありましたが余計わかりにくかったのですが
ただ紫の勉強運をあきらめてしまったことだけは確かなようです・・・
P1070540.JPG

こんなかんじで願いを書きます。
P1070543.JPG

途中列車が来ると、みんな一斉に横によけます。
P1070555.JPG

隣のグループ完成。
綺麗な韓国人の女の子グループだったのでお店のお兄さんも気合が入っています。
P1070550.JPG

書きあがったらお店の人にカメラを渡すと準備しながら天燈を手にした写真を撮ってくれます。
火のついた天燈を持って、お店の人の合図で手を放すと飛んでいきます。
P1000171.JPG

私たち3人のわけのわからない願いを書いた天燈も空高く飛んでいきました。
P1070580.JPG

火がついちゃったまま飛ばして火事にならないのか心配ですが
この地は雨が多いので火が木につくことはないらしいです。
でも、万が一火災の場合は、旅行者に請求が行くという噂もあります。
なので、自分たちの天燈が上がったのを見届けたらさっさと移動しようと思ったら
お店の人がさっさと行ってしまった。
おに~さん!お金払ってないんですが・・・
駅も店も呑気です。
nice!(4)  コメント(9) 

【台湾3日目7】 台湾の鉄道、今度は平渓線に乗る [2013年夏 台湾]

人気の観光地九份に行く場合は瑞芳駅で降りてバスになりますが、
私達はその前に平渓線にのって十分に行く予定でした。
瑞芳駅に着くと平渓線に乗り換える人で駅が溢れるほど。

だから八堵駅で乗り換えようと言ったのに・・・
しかも、台北駅で平渓線の切符を買ってこなかったので、2人を待たせて買いに行くことにします。
みんな切符を買ってきているのか、窓口は余り混んでいなかったので
すぐに購入することが出来てホームに戻ります。
平渓線は階段に8~10番に並ぶように書いてありますが、
階段を下りた人以外はその案内は目に入らないところに書いてあったので、
みんな自分の降りたあたりで待っています。
2人を9番あたりにつれて行き平渓線を待ちます。
列車が入線します。
P1070458.JPG

平日だというのに平渓線は沢山の観光客で通勤時の山手線のような混雑でしたが、
9番で待っていたおかげで無事座ることが出来ました。
車内は混んでいますが、山の中に来たという感じでなかなか良い雰囲気です。
P1070478.JPG

十分駅に到着。
殆どがこちらで降ります。
P1070489.JPG
P1070515.JPG

上り列車も下り列車も派手。
P1070499.JPG
P1070502.JPG

中心からの距離と言い、ラッピングの雰囲気と言い秩父鉄道を思い浮かべてしまいます。
秩父鉄道はいつもで空いていますけどね。
こちらが秩父鉄道。
DSC_0015.jpg
帰りも混雑列車に乗ることになりそうです。
小さい駅で1人の駅員では沢山の客をみることもできず、瑞芳駅で切符を購入している人も少なかったので
皆さん料金は払っているのかしら?と思ってしまいました。
タグ:鉄道 台湾 十分
nice!(3)  コメント(7) 

【台湾3日目6】 台湾の鉄道台鐵に乗る [2013年夏 台湾]

今回は、ちょっと距離があるのでいつも乗っていたMRTではなく、台鐵に乗ります。

日本(首都圏)でたとえると、MRTが東京メトロ、台鐵がJR在来線、台湾で初めて乗った高鐵が
新幹線という感じです。

これから九份まで行くために台北から瑞芳まで台鐡で行く予定です。
九份まで行くツアーもたくさんあって、バスで行って軽食付きで4000円ぐらいで参加できるようでした。
こちらの方が母にとっては楽であることは分かっていたのですが、
鉄道にのって行きたかったことと、寄り道をしたかったので私の勝手でこのコースで行くことにしました。
台鉄、自由席と指定席同じ料金らしく指定券のない無座でも席が空いていれば座ってよいそうですが
指定券を持っている人が来たらそちらが優先になるとのことだったので、
初日に指定券を苦労して確保しておいたのでした。

私たちが乗る13時20分が入線します。
台鐵の写真はなぜかとっていなかったです。
P1070445.JPG

指定された座席に行くと、無座の人が座っています。
ごめんなさい~と行ってかわってもらいましたが、一番前だったのでどいてもらった人は
そのままこちらを向いてたっていることになってしまい
その視線が気になりちょっと居心地悪いです。
P1070447.JPG

この後、平渓線に乗りかえるのですが瑞芳まで行く途中の八堵駅が始発のようです。

八堵駅で乗り換える?って聞くと、せっかくきれいな電車に座ったから瑞芳まで行くという2人。
これがあとで後悔することになりました。
P1070451.JPG
P1070453.JPG
タグ:鉄道 台湾
nice!(5)  コメント(6) 

【台湾3日目5】 丞祖胡椒餅 [2013年夏 台湾]

台北駅に戻ります。
台北駅はとても立派な建物です。
P1070422.JPG

娘は胡椒餅を食べてみたいと言っていましたが、
台北駅の近くにガイドブックで見つけたおみせがあるので
行ってみます。
P1070426.JPG
P1070427.JPG
丞祖胡椒餅
台湾台北中正区重慶南路一段89号
1つ40NTD。
おみせは、台湾博物館のすぐそばでした。
駅から歩いて行きましたが、ここは予備校の多い所い地区のようです。
日本の予備校も、合格の結果が張り出されますが、こちらは
こんなに派手。
赤い紙でご利益ありそうですね。
P1070431.JPG

本当は熱々をすぐに食べたいところですが、列車の予約の時間が心配なので
駅まで戻り待合室で、胡椒餅を食べます。
熱々ではなくなってしまいましたが、
肉まんの餡にパリパリの香ばしい皮という感じで
でも肉はジュ―シーですがそれほどしつこくなく
我が家好みの味でした。
P1070439a.JPG
P1070443.JPG

【台湾3日目4】 国父紀念館 [2013年夏 台湾]

思ったより待ち時間が少なかったので、ちょっとお散歩。
歩いてすぐに暑くなり、ちょっと後悔。
時間が読めれば、先に歩いてからかき氷を食べたかったねとはなしながら
国父紀念館に向かいます。
国父紀念館は中国近代化革命の父、孫文の業績を讃え、
その教えを後世に語り継ぐことを目的に建設されました。
でも、なかまで見学する時間がなく、外観のみ。

台北101にも近くこのあたり食事ができる店もあったので
地図が頭に入っていれば前夜ここまでくれば
夕飯難民になることもなかったのかもしれません。
P1070417.JPG

娘は、足つぼの道?を体験。
痛いようで、ヒーヒー言いながら歩いていました。
P1070410.JPG

履いているソックスは台湾で購入したもの。
日本の半額ぐらいで買えました。
P1070414.JPG

【台湾3日目3】ICE MONSTER [2013年夏 台湾]

台北駅からMRTに乗って国父紀念館駅まで行きます。
娘が楽しみにしていたICE MONSTERへ行きます。
P1070407.JPG

こちらのお店はマンゴーかき氷が有名で永康街にあったのですが
私達が行った前年の2012年に
場所を国父紀念館に移転してICE MONSTERとして始めたところです。
普段は混んでいるようですが、まだ午前中ということもあり
行くとすぐに店内に入れました。
(2017年現在ブームが去ったという話もありますが)

店内に入る前に、食べたいものを決めて注文しなければならないので
空いていると逆に注文を悩む時間もなく慌ただしい感じでした。
台湾のかき氷屋としてはちょっとおしゃれすぎな感じの店内です。
日本人にも人気のお店なので、店内の半分近くが日本人のようでした。

注文はもちろんマンゴーかき氷それにタピオカミルクティのかき氷も頼みました。
P1070400.JPG
P1070401.JPG
3人で2つですがとても大きくびっくり。
横の席の日本人は食べられないと思ったらしく、小さいものを注文していたので
写真撮らせてくださいと言ってくるぐらい。
母はかき氷は好きじゃないというので、この大きさでは余ってしまうか心配でしたが、
氷まで味のついたかき氷は繊細でふわふわ。
気がついたら、3人で二つしっかり食べていました。
この時は、日本にはまだこのお店はなかったのですが、
私達が帰国後しばらくして日本にも支店ができました。
日本だと台湾の倍ぐらいのお値段のようです。

ICE MONSTER
台北市大安区忠孝東路四段297號
営業時間:10:30〜23:30
電話番号:02-8771-3263
http://www.icemonster.com.tw/

【台湾3日目2】 台北の手芸屋 『小熊媽媽飾品DIY』 [2013年夏 台湾]

台北駅まで歩いていく途中に、もう1件手芸店によります。
『小熊媽媽飾品DIY』
P1070380.JPG

こちら、手芸店は日本からの旅行客も多く、いろいろな方のブログにも出ていました。
ビーズの取り扱いが多いですが、手芸全般扱っていて日本で言う「ユザワヤ」のようなところです。
お値段も安く、特にたくさん購入するととても安くなるようでした。
下にある大袋もビーズです。
P1070382.JPG

母はこちらでもちょっと購入。
友達に配る物を作るらしいです。
私も日本で買う半額ぐらいの値段でキットを1つ購入。
ところが、かえってびっくり。
作り方が日本とは異なっていました。

日本で、方眼の中に色は記号を変えてあらわすのですが
こちらは言葉であらわすのです。
編み物の好きな友人の話では、編み図も日本とは違っているようです。

このお店の近くに台北駅に向かう地下街があるので
地下街を歩いてみます。
地下街はまだ殆どのお店が開いていませんでしたが、
台北駅って地下道を含めて新宿駅のようです。
夏の台湾はとても暑いので、地下街はありがたいです。
P1070388.JPG
タグ:台湾 台北

【台湾3日目1】 迪化街を歩く [2013年夏 台湾]

朝食を食べましたが、
前の日の朝食は食べ過ぎたのでちょっと少なめにしておきます。
食後は迪化街を回ります。
ここは、台湾一の漢方、乾物、布問屋街。
初日に、台湾ってこんなに漢方薬の匂いのする街なの?って驚いたけど
それはこの地域の特徴だっただけでした。
P1070368.JPG
P1070357.JPG

本日の目的は、
母の趣味の1つに、ビーズでアクセサリーなどを作ることがあるので
母のビーズを購入するためでした。
このあたりたくさんお店はあるものの、まだ10時前だから
空いているお店も少なく、最初に入ったのはこちらのお店。

母は、日本語を全く知らないお店の人と
日本語オンリーで相談中。
娘と「おばあちゃんすごい!」って話しちゃうほど
全く物怖じせずに、言いたいことを日本語で言っていると
なんとなく理解してもらえるようです。
P1070360.JPG

台湾はもっと英語が通じるのかと思いましたが
思ったより英語は使わないようです。
もっとも私の発音が悪いのも通じない原因でしょうが。
相手が年配の方だと日本語がわかる方もいたり
漢字で書いたものを見せた方が理解してもらえるようです。
こちらの店員さんは、日本語より英語のほうができるようでしたが。

このお店は、スワロフスキーなども売っていて、ちょっと高級な品を扱っているようで
思ったほど安くはならなかったようですが
自分で欲しいものを相談して購入できるというのが
母はとても嬉しかったようです。
こちらでは、自分のネックレス用のもの少し購入していました。

このあたり初日に迷子になったときは焦っていたので落ち着いて
見ていませんでしたが、
落ち着いて見ていると台湾らしい異国を感じさせる雰囲気の
お店が多く楽しいです。

ここでドライマンゴーを購入しようと思っていましたが、
P1070367.JPG
この日はこの後ちょっと遠出の予定だったので
こちらの漢方薬屋さんで杏仁粉を買っただけにしました。
P1070354.JPG

【台湾2日目13】 2日目の夕飯は・・・ [2013年夏 台湾]

台北101のショッピング街におりてきました。
P1070342.JPG
食事をしようとフードコートへ行きましたが、閉店していました。

帰りは駅まで、開いている食堂を求めて歩きます。
今は、MRTが台北101の下まできていますが、この時は駅まで少し歩きました。
でも、どこのお店も閉まっています。

諦めて、駅でパンを購入。
でもパン屋さん、2つかったら1つオマケだから3つ選んでねって言って
3つ持っていったらもう閉店時間になるからあげるって1つおまけにもらっちゃった。
2つの値段で4つのパン。
手前にあるのがこの日大量に残ったミルクパンでした。
P1070346.JPG
お腹がすきすぎて、もう動けないということで駅のベンチで食べることに。
食い倒れの台湾で、駅でパンを買ってベンチで食べる日本人旅行者って
あまりいないでしょうね。
母には申し訳ないことをしてしまったと後悔。
P1070345.JPG

こちらのお店milk housesといいますが、後で調べたら
パイナップルケーキのお店としても人気があるようですが
多分それを知っていてももうこの時間売っていなかったでしょうね。

乗換えの台北駅、こんな表示。
P1070347.JPG
MRTは時刻表がなくて、次の列車まであと何分かが表示されるのです。
これってすごく便利です。
だいたい10分も待たないで次が来ます。
次は何時何分って表示されても、自分の時計であと何分あるのか確認しなければ
ならないけど、この表示であとどのくらいで次が来るか見ればすぐわかります。

夕飯1人パン1つというのもわびしいので最寄りのセブンイレブンで各自食べたいものを購入してホテルに戻ることにします。
ホテルのとなりのコンビニなのですごく便利ですが、
コンビニでは袋がもらえず、会計の済んだものを
手に持って帰ります。

私はこちらの豆乳花。日本語表記ありです。
P1070348.JPG
せっかくの台湾スイーツをコンビニで買うことになってしまいましたが
お味は、美味しかったです。
同じ黒砂糖味でも昨日のカエルの卵ドリンクのように甘くなくってよかったです。
P1070349.JPG

この日もたくさん歩きました。
前の10件 | - 2013年夏 台湾 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。