So-net無料ブログ作成
検索選択
2013年夏 台湾 ブログトップ
前の10件 | -

【台湾3日目2】 台北の手芸屋 『小熊媽媽飾品DIY』 [2013年夏 台湾]

台北駅まで歩いていく途中に、もう1件手芸店によります。
『小熊媽媽飾品DIY』
P1070380.JPG

こちら、手芸店は日本からの旅行客も多く、いろいろな方のブログにも出ていました。
ビーズの取り扱いが多いですが、手芸全般扱っていて日本で言う「ユザワヤ」のようなところです。
お値段も安く、特にたくさん購入するととても安くなるようでした。
下にある大袋もビーズです。
P1070382.JPG

母はこちらでもちょっと購入。
友達に配る物を作るらしいです。
私も日本で買う半額ぐらいの値段でキットを1つ購入。
ところが、かえってびっくり。
作り方が日本とは異なっていました。

日本で、方眼の中に色は記号を変えてあらわすのですが
こちらは言葉であらわすのです。
編み物の好きな友人の話では、編み図も日本とは違っているようです。

このお店の近くに台北駅に向かう地下街があるので
地下街を歩いてみます。
地下街はまだ殆どのお店が開いていませんでしたが、
台北駅って地下道を含めて新宿駅のようです。
夏の台湾はとても暑いので、地下街はありがたいです。
P1070388.JPG
タグ:台湾 台北

【台湾3日目1】 迪化街を歩く [2013年夏 台湾]

朝食を食べましたが、
前の日の朝食は食べ過ぎたのでちょっと少なめにしておきます。
食後は迪化街を回ります。
ここは、台湾一の漢方、乾物、布問屋街。
初日に、台湾ってこんなに漢方薬の匂いのする街なの?って驚いたけど
それはこの地域の特徴だっただけでした。
P1070368.JPG
P1070357.JPG

本日の目的は、
母の趣味の1つに、ビーズでアクセサリーなどを作ることがあるので
母のビーズを購入するためでした。
このあたりたくさんお店はあるものの、まだ10時前だから
空いているお店も少なく、最初に入ったのはこちらのお店。

母は、日本語を全く知らないお店の人と
日本語オンリーで相談中。
娘と「おばあちゃんすごい!」って話しちゃうほど
全く物怖じせずに、言いたいことを日本語で言っていると
なんとなく理解してもらえるようです。
P1070360.JPG

台湾はもっと英語が通じるのかと思いましたが
思ったより英語は使わないようです。
もっとも私の発音が悪いのも通じない原因でしょうが。
相手が年配の方だと日本語がわかる方もいたり
漢字で書いたものを見せた方が理解してもらえるようです。
こちらの店員さんは、日本語より英語のほうができるようでしたが。

このお店は、スワロフスキーなども売っていて、ちょっと高級な品を扱っているようで
思ったほど安くはならなかったようですが
自分で欲しいものを相談して購入できるというのが
母はとても嬉しかったようです。
こちらでは、自分のネックレス用のもの少し購入していました。

このあたり初日に迷子になったときは焦っていたので落ち着いて
見ていませんでしたが、
落ち着いて見ていると台湾らしい異国を感じさせる雰囲気の
お店が多く楽しいです。

ここでドライマンゴーを購入しようと思っていましたが、
P1070367.JPG
この日はこの後ちょっと遠出の予定だったので
こちらの漢方薬屋さんで杏仁粉を買っただけにしました。
P1070354.JPG

【台湾2日目13】 2日目の夕飯は・・・ [2013年夏 台湾]

台北101のショッピング街におりてきました。
P1070342.JPG
食事をしようとフードコートへ行きましたが、閉店していました。

帰りは駅まで、開いている食堂を求めて歩きます。
今は、MRTが台北101の下まできていますが、この時は駅まで少し歩きました。
でも、どこのお店も閉まっています。

諦めて、駅でパンを購入。
でもパン屋さん、2つかったら1つオマケだから3つ選んでねって言って
3つ持っていったらもう閉店時間になるからあげるって1つおまけにもらっちゃった。
2つの値段で4つのパン。
手前にあるのがこの日大量に残ったミルクパンでした。
P1070346.JPG
お腹がすきすぎて、もう動けないということで駅のベンチで食べることに。
食い倒れの台湾で、駅でパンを買ってベンチで食べる日本人旅行者って
あまりいないでしょうね。
母には申し訳ないことをしてしまったと後悔。
P1070345.JPG

こちらのお店milk housesといいますが、後で調べたら
パイナップルケーキのお店としても人気があるようですが
多分それを知っていてももうこの時間売っていなかったでしょうね。

乗換えの台北駅、こんな表示。
P1070347.JPG
MRTは時刻表がなくて、次の列車まであと何分かが表示されるのです。
これってすごく便利です。
だいたい10分も待たないで次が来ます。
次は何時何分って表示されても、自分の時計であと何分あるのか確認しなければ
ならないけど、この表示であとどのくらいで次が来るか見ればすぐわかります。

夕飯1人パン1つというのもわびしいので最寄りのセブンイレブンで各自食べたいものを購入してホテルに戻ることにします。
ホテルのとなりのコンビニなのですごく便利ですが、
コンビニでは袋がもらえず、会計の済んだものを
手に持って帰ります。

私はこちらの豆乳花。日本語表記ありです。
P1070348.JPG
せっかくの台湾スイーツをコンビニで買うことになってしまいましたが
お味は、美味しかったです。
同じ黒砂糖味でも昨日のカエルの卵ドリンクのように甘くなくってよかったです。
P1070349.JPG

この日もたくさん歩きました。

【台湾2日目12】 台北101展望台 [2013年夏 台湾]

台北101に向かいます。
P1070264.JPG
台北101のこの形は、竹をイメージしているのだそうです。
八層おきに節を造りその節が全部で八つあります。
八とは台湾ではお金がどんどん入ってくるという縁起の良い数字だそうです。
そして、この場所に建てたのは台北の中で風水で一番良い場所とされているからだそうです。
龍山寺で台湾の人の信心深さを拝見したので、縁起の良い数にこだわるのに
納得できました。

母との待ち合わせの場所へ戻り一緒に展望台へ行くことにします。
チケット500NTD。
当時のレートで1800円ぐらいですから、こちらの物価を考えると高いです。
30分ぐらい待つようなのでお腹がすいていたし食事をしてからとも思いましたが、
この時8時半で9時15分までに入場ということで
遅れてしまうとチケットが無駄になってしまいそうなので、そのまま並んでエレベーターを待ちました。
結局15分ぐらいで、エレベーターに乗れました。
こちらのエレベーターは東芝製でこの当時世界最速だったようです。建物も熊谷組を中心とした
共同企業体が作りました。

象山とはちがう夜の街のながめ。
P1070297.JPG
P1070299.JPG
母は象山に行っていないので、私たち以上に喜んでくれました。

このあたりが象山らしい。
山の方なので灯はあまりありません。
P1070312.JPG

こちらは、天候が悪くないときは、外に出てみることができます。
P1070316.JPG

ガラスが邪魔をしないのでいいのですが、塀が高くて見辛かったです。
P1070323.JPG

降りる途中で台北101のキャラクターがたくさん。
顔が101になっているのはダンパーベイビーといいます。
P1070337.JPG
チューンドマスダンパーとは後ろに見える黄色い球状のもの。
P1070338.JPG
直径5.5m 660トンありこれによって101は強風などの時も
揺れが軽減できるのだそうです。
ダンパーを見た後は土産物屋。
でも、普通の土産物だけでなくサンゴで作った高級品とか
いろいろ並んでいましたが購入するもの&購入できるものは
なかったです。
P1070341.JPG

ほめていただいたので調子に乗るわけではないですが、
この日の台湾の写真、このレベルで恐縮ですが
私の人生で一番夜景が上手だったのかも。
今年も台湾に行って夜景撮ったはずなのにどれもピントが合っていなくて・・・
同じカメラを使っているとピントが合わなくなるっていうこともあるのでしょうか?


【台湾2日目11】 象山から台北101を見る2 [2013年夏 台湾]

このあとは、階段の高さも登りやすくなって思ったよりすぐにつきました。
P1070195.JPG
象山というだけあって象の模様がかわいい。
P1070201.JPG
夕方のハイキングは、女2人で危険かと思いましたが
日曜日ということもあり、沢山の人。心配ありませんでした。
P1070206.JPG
台湾へ行ったら私が見たいと思っていた風景の1つです。
台北101のポスターの多くはここでうつされているようです。

だんだん暗くなってきます。
多分後ろに見えるのが観音山。
P1070221.JPG

日が沈むのも見えました。
P1070222.JPG

街は少しずつライトがつき始めます。
P1070240.JPG

私のカメラではこのぐらいまで。
P1070252.JPG

帰る人もいなく、ほかの人のブログではもっと台北101が光って見えたので
もっとライトがつくのでは・・・と思いしばらく待っていましたがこれ以上はつかないようです。
後から調べたら、曜日などによってライトの色を変えるようです。

母と約束の時刻になってしまったので、急いで台北101に戻ることにします。
途中の階段もどのくらい明るいかわからなかったので、
日本から懐中電灯を持参してきましたが、街灯があり懐中電灯は必要なかったです。

【台湾2日目10】 象山から台北101を見る1 [2013年夏 台湾]

象山は現在はMRTの終点になったのでとても便利になりましたが
この頃はまだMRTは象山まで行っていなかったので
台北101からはバスで行くか歩いていくことになっていました。
バスの乗り場も良くわからないので歩いていくことにしました。
P1070166.JPG
少し暗くなってきたので、象山へ急ぎます。
途中は高級マンション
P1070172.JPG

こちらが登山歩道の入口。
P1070180 - コピー.JPG

思ったより階段がきつい。
1段が私の歩幅とまったくあわず登り辛い。
P1070183 - コピー.JPG

ここが半分?母を連れてこなくてよかった。
P1070194.JPG

でも、あの高い101をこうしてみられるなんてここまで来てよかった。
ここでも充分眺めが良い。
P1070188.JPG
ちょっと辛いのでこの先登るかやめるかちょっと悩みましたが、
娘はやめる気はないようなので、休憩して登ることにします。

【台湾2日目9】 娘の一番楽しみにしていた台北101へ行く [2013年夏 台湾]

ホテルに戻ります。
私の旅行は朝から夜まで出歩いてしまうのでホテル滞在が短く
ホテルに戻って休憩はあまりありません。
それもあってホテルはとにかく安いところになってしまうのですが。
今回は、母が一緒だったこともありちょっと休憩をして、再出発。

今回、娘が一番が行きたがっている台北101に行きます。
台北101とは地上101階・地下5階・高さ508メートルの
世界有数の高層ビルです。
MRT市政府駅に行きここからは歩いて15分ですが
MRTから地上に上がると目の前にバスが止まっています。
「私は疲れたからバスに乗るよ」、とさっさとバスに乗る母。
基本歩けるところはどこでも歩こうとしていた母には珍しい行動。
バスに乗るとすぐに台北101に到着しました。
P1070163.JPG
P1070159.JPG

実は、台北101に登る前に計画していることがありました。
近くの象山から、台北101をみてそれから台北101の上に登ろうというもの。
母の様子を見ていて登りは無理かなあという思いもあり
悩んでいました。
母は3年ぐらい前までは、私より登りに強く山など平気で登っていたのですが
このところ、急に足腰が衰えてきたようです。
台北101で相談の結果、母は象山はやめて台北101にいることになりました。
店内は高級ブランドが多く、時間をつぶすには母には楽しくないところかもしれませんが
1人でお茶でもしながら待っているということになりました。
P1070160.JPG

【台湾2日目8】 カルフールで買い物をして鳥街を歩く [2013年夏 台湾]

フランス系のスーパーカルフールへ行きます。

途中が、中華圏の街という感じです。
P1070141.JPG

台湾の郵便局は緑なのですね。
P1070142.JPG

うちの方にも以前カルフールあって、
スケートを履いた店員がいた事が印象的ですが
今はイオンになっています。
台湾では、「家楽福」という文字をあてるようです。
P1070145.JPG
P1070150.JPG

上に上がると、山のようにお菓子が積まれています。
P1070151.JPG

ちなみにこちらエスカレータ。
上がりながらも買い物ができる?
P1070153.JPG

この先は、写真禁止でした。
一番安いパイナップルケーキは先ほど購入した
La Petite Perleに比べると10分の1の値段?
味はわからないけど、安いからこれにしちゃう?って思いましたが
あとから別の売り場の店員にそれは個別包装していないから、お土産に配れないし
味もほかよりちょっと・・・ということで店員さんおすすめの
パイナップルケーキにしました。
店員さん、いろいろなパイナップルケーキを出してくれて
試食していたら味がわからなくなっちゃいましたけど。

結局、パイナップルケーキは箱がかさばるのが難点ですが私と母と娘でばらまき用12箱
他にも少しお土産買ったらとんでもない量になってしまいました。

一旦ホテルに帰ろう、ということでたくさんの荷物を持って歩くのも大変なので
タクシーにする?と聞くと「私が持つから」と娘がほとんど持ってくれました。
博物館が嫌いで脳まで筋肉じゃないかとおもわれる娘ですが
こんな時は頼りになる体育会女子です。

さっさと駅まで先頭に立って歩く娘ですが、いきなりフリーズ
なんとずっと続く鳥屋さん。
P1070157.JPG
P1070154.JPG
P1070155.JPG
娘は鳩が苦手だということは知っていましたが、ほかの鳥もあまり得意ではないらしい。
なのにどこまでも鳥・鳥・・・
道路の反対側も・・・
行きにこんなところあったっけ?と、悲鳴を上げる娘。
違う道だけど、たくさんの荷物持って先頭を自信持って歩いているから・・・
ようやく龍山寺駅について、ホテルの最寄駅の中山駅までMRTで戻ります。
タグ:台湾 台北

【台湾2日目7】 剥皮寮歴史街区 [2013年夏 台湾]

剥皮寮、なんだか怖い名前ですが、伐採した樹木を運び、
ここで樹皮を剥いだりして木材加工したたためにこの名が付けられたようです。
清朝時代の建物がそのまま残っていたので、台北市政府が保存することにしたそうです。
P1070113.JPG
古い建物がフォトジェニックです。
P1070122.JPG
P1070134.JPG

こちら台北市郷土教育センターとして教育施設になっているようで、
私たちが行った時も
夏休み子供向けのイベントなどもやっていました。

建物の中にも歴史的なものを保存してあったりするのですが
2人とも興味なし。

映画などでも使われることがあるようですが、
この日もウェディングトレスを着ている女性を撮影中でした。
美しい方だったし男性を見かけなかったので結婚式の前撮りというより
モデルさんの撮影だったのかも。
P1070131.JPG

ブログに良く出てくるおじいさんの看板。
P1070137.JPG

古いだけじゃない、ちょっと遊び心のある落書き?も。
P1070128.JPG
タグ:台湾 台北

【台湾2日目6】 龍山寺 [2013年夏 台湾]

食べ終わって、MRTで龍山寺まで向かいます。
駅のセブンイレブンをちょっとのぞきました。
店の前には台湾のセブンイレブンのキャラクターオープンちゃんがいました。
P1070065.JPG
ブログのお友達が日本からお茶を持っていくという話を聞いてから
マレーシア、ハワイ、台湾とペットボトルのお茶を持っていくようになりました。
台湾のお茶は砂糖なしと書いていないのは
とても甘いということでしたが、砂糖なしのお茶の数も多いので、
持っていかなくても大丈夫だったかも・・と思いました。
P1070061.JPG

お菓子は、日本で売っていなさそうな品にまで日本語が書いてあるのは
日本人を意識したのか現地でも日のものが評判がいいからか?
P1070063.JPG

龍山寺は駅からすぐでした。
P1070073.JPG
こちらには、いろいろな神様がいらっしゃり、どんなお願いも叶えてくれるとか・・・
お参りに仕方はよくわからないので、ガイドブックを参考に
周りの人を見ながらお参りしてみることにします。
まずはお線香を購入します。
そこで、1人7本あるので火をつけて7箇所にお参りしながら
1本ずつお線香立てに入れていくということでした。
P1070077 - コピー.JPG
P1070080.JPG
日本では、ささっと手を合わせちゃいますが、こちらでは皆さん本当に心から
お願いをしているという感じです。
そのかわり、お線香立てにはしっかり差さず、投げ入れるという感じ。
たくさんのお線香があるので丁寧に差そうとすると、火傷しちゃいそうです。
気温が高く、お線香が熱く、人が多いので
なかば朦朧としながら、お祈りしました。

母は秩父、坂東、西国と100観音のお参りもしているくせに
こういったところが飽きちゃうのか、やたらと早く終わっていました。
P1070100.JPG

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村
前の10件 | - 2013年夏 台湾 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。