So-net無料ブログ作成
2012年夏 マレーシア ブログトップ
前の10件 | -

マレーシア6日目8 羽田に到着 [2012年夏 マレーシア]

羽田に到着はほとんど定刻の23時頃につきました。
P1080456.JPG
着陸もスムーズでした。
さすが、料金は安くてもパイロットの腕はいいと言われているAir Asiaです。

終電に間に合わないので夫が迎えに来てくれていましたが、
すぐに家に帰るわけにはいきません。
Air Asiaのカウンターに行って娘のカメラのことを伝えなければなりません。
ところがAir Asiaのスタッフはいなくて、
横のANAのスタッフがAir Asiaは今いないので私が責任をもって
対応いたします、と言ってくれました。
てきぱきとAir Asiaに電話をして、クアラルンプールにまで連絡を取ってくれました。
クアラルンプールのAir Asiaのイケメン君が翌日の羽田に届くように
手配してくれたことを確認して、カメラを取りに羽田まで来るのは大変だからと
着払いでの配達もしてくれるように手配してくれることになりました。
さすがレガシーキャリアのANAはLCCのAir Asiaとは違いますね。

帰国2日後には慌ただしく娘が合宿に向かい
かわりにカメラが到着して、私たちのマレーシア旅行は完了しました。

いろいろな人たちとの出会いがあり
たくさんのハプニングがあり
今まで見たことや経験したことのない様々なことを
経験をさせてくれたマレーシアは
本当に思い出深い国となりました。
いろいろなことがあった分、マレーシアには親しみが湧き
自分は前世はマレー人だったのではと思うほどに
私にとっては心残るに大切な国になりました。
留守番をしてくれた夫と息子にも感謝です。

とても個人的な内容の長~い旅行記にお付き合いくださり
ありがとうございます。

にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へ
にほんブログ村

マレーシア6日目7 さようならマレーシア [2012年夏 マレーシア]

飛行機に乗ります。
P1080409.JPG
さようならマレーシア。
また、戻ってくるからね!

いろいろとトラブルもあり慌ただしかったので
逆に別れを惜しむ時間がほとんどなくなってしまいましたが
離陸とともに寂しさが急に襲ってきました。
P1080431.JPG

食事の時間です。
エアアジアなので、食べたければ注文して別料金。
行きは予約の方が安いからとペナン島までの飛行機での食事を
予約しておきましたが、
帰るときはその時の気分で選ぼうと予約していませんでした。
2人ともnasi lemakを食べることにしました。
P1080446.JPG
マレーシア料理でココナッツミルクで炊いたご飯に
チキンカレーのようなものがのっていました。
ちょっと質素な感じでしたが、お味はよかったです。

出発までに読んだ他の人のブログなどでは
残ったマレーシアリンギットを使い切るために機内は買い物合戦になると
かいてあったのですが、
私が乗った飛行機ではそんなこともなかったです。
でも、娘がエアアジアのクマのぬいぐるみを欲しいというので
買おうとしましたが、私たちはi pod touchのために予定外の出費があったので
マレーシアリンギットを使い切っていました。
レートを聞いて小銭をかき集め日本円で支払おうとしたら
外貨は紙幣のみとのこと、しかもお釣りはマレーシアリンギット。
日本の紙幣は1万円しかなかったので諦めようかと思いましたが
財布に50ドルあったことを思い出しドルで払いました。
可愛い縫いぐるみだったので娘が欲しがらなくても私が欲しかったかも
という感じだったので、我が家の子として連れて帰ることになりました。

娘のi pod touchとエアアジアのベアー。
P1080450.JPG

にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へ
にほんブログ村

以下愚痴になります


マレーシア6日目6 クアラルンプール空港LCCT空港ターミナル (4) OLD TOWN WHITE COFFEE [2012年夏 マレーシア]

滞在中入りたいと思っていたけど入れなかった
OLD TOWN WHITE COFFEEにはいります。
P1080394.JPG

こちらはWHITE COFFEEというぐらいなので、
ミルクコーヒーが売りのお店です。
マレーシアのスタバと言われています。
スタバとの違いは、マレーシアの食事も売っているのですが
朝食をたくさん食べてきたので食事はせずに、コーヒーを飲むことしました。
ちょっと甘いコーヒーですが、これがマレーシアで口にする最後の
ものになります。
P1080404.JPG

OLD TOWN WHITE COFFEEはイポーというところが
発祥の地ですが、スケジュール的に行けませんでした。
次回マレーシアへ行くことがあれば、イポーへ行きたいなあと思いなら
飲み干したら、出国手続きに向かいます。

にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へ
にほんブログ村

マレーシア6日目5 クアラルンプール空港LCCT空港ターミナル (3) [2012年夏 マレーシア]

カウンターのイケメン君困った顔をしています。
ペナン島での話は一体なんだったのか??
チャラ男くんは、調子のいいこと言っていたけど
仕事をしてくれたのだろうか?

そう思っていると、娘が満面の笑みでi pod touchを片手の登場。
娘のせいで私はこんな目にあっているのに!と怒りたくなるところ
ipod touchを見てひらめきました。
Amazonで購入したカメラだったので、その購入履歴を見れば
カメラのメーカーだけでなく型番もわかります。
イケメン君に購入したカメラのページを見せ、確認してもらいます。
イケメン君、電話をかけて確認してくれました。
ありました!

でも、まさかのペナン島に・・・
チャラ男くん、一体どんな仕事をしてくれたんでしょうか?
イ「ペナン島からだとあなたたちが飛行機に乗るまで
にカメラは間に合いません。
次のクアラルンプール行きの飛行機にのせるようにして
羽田に最短で届くように手配します。
用紙を書くので、羽田に着いたらエアアジアの担当に
その用紙を見せてください。」
イケメン君はやることもかっこよかったです。
いや、これが本来の空港職員の当たり前の姿なのかもしれません。
でも、頼りにならないエアアジアの職員の中で彼は光って見えました。
あ~、それに比べてチャラ男くんはやっぱりチャラ男でした。
イケメン君に用紙を書いてもらい、出発まで空港で時間を潰します。

娘がi pod touchを受け取りに行ったマック。
P1080384.JPG

ここが、空港のタクシー乗り場のようです。
あの運転手はいないようです。
P1080392.JPG

にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へ
にほんブログ村

マレーシア6日目4 クアラルンプール空港LCCT空港ターミナル 忘れ物(2) [2012年夏 マレーシア]

空港でチェックインをします。
以前から私のブログを読んでいる方はおぼえていらっしゃるでしょうか?
娘がペナン島行きの飛行機でカメラをなくしたこと
その時、ペナン島の係りの人(チャラ男くん)に伝えたら
出国までにクアラルンプールにカメラが届くように手配するから
カウンターに伝えるようにと言われたこと。

カウンターでその旨伝えると
「そのような報告はありません。その時の控えの用紙は?」
とカウンターのエアアジアにしてはキビキビした感じの
イケメン君がいいます。
私「もらいませんでした・・・(普通くれるはずですよね?)」
イケメン君(以下イ)「普通用紙をだすことになっているのですが。
どんなカメラ?」
私「日本製の赤いコンパクトカメラです。」
イ「日本製はマレーシアでも人気があるからいろんなカメラがあるけど、
メーカーは?」
私「わからない・・・私の持っているカメラと別のメーカーだったから
パナソニックではないことは確かです。フジかキャノンか・・・」
イ「それってパナソニック以外の全部の日本製じゃないの?」
私「一番可能性の高いのはフジだけど・・・」
イ「それじゃあ調べるのは難しいですね。」
と、周りの人と相談。
ここで、タクシーの運転手との待ち合わせの時間になるので
娘に150MR(4000円)持たせ、
1人で待ち合わせの場所へ行かせることにします。

P1080406.JPG
写真を撮っている場合ではなかったので、これから乗る飛行機を。

にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へ
にほんブログ村

マレーシア6日目3 クアラルンプール空港LCCT空港ターミナル 忘れ物(1) [2012年夏 マレーシア]

娘にはまだ腹を立てていたので、何をするか伝えませんでしたが
電話へ向かいました。
タクシードライバーに電話するためです。
到着の際、タクシーが必要になったら電話かけてと渡された携帯の番号
使うことはないと思って袋にいれておきましたが
こんなことで使うことになるとは・・・・
私「さっき乗せてもらった日本人です。娘がi pod touch忘れました。」
話が通じないので
「携帯電話を忘れた。」というと、
何やら話している様子。
「色は?」
「ピンク」
どうやら、後ろお客か誰かをのせているようです。
運転手以外の人の声が何か言ったあと、運転手があったよ、といいます。
お願いします!交通費を払うので出発までに空港へ届けてくださいとお願いすると
150MRだったら、といいます。
150MRだったらバスの乗らずホテルから空港までタクシーに行っても
お釣りがくる値段です。
でも、怒らせたら持ってきてくれないかも・・・ということで
言い値でお願いします。
30分後に空港のマックの前で待ち合わせということになります。
電話の横には、スーツケースを2つ転がしてきた娘が
横で聞いていました。
冷静に考えると、30分後っていうことは
KLセントラルより空港に近い場所にいるということ。
もしかしたら、空港までのお客をのせて向かっている途中?
運転手は150MR丸儲けかも・・・
でも、こればかりは運転手に文句が言えない。

P1080388.JPG

にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へ
にほんブログ村


マレーシア6日目2 KLセントラルでまたも事件発生 [2012年夏 マレーシア]

KLセントラルに到着です。
sky busのすぐ後ろにタクシーを止めてくれて荷物を運んでくれました。
旅行中、3回もお世話になったタクシー運転手、
金額設定はちょっと疑問が残るところもありますが
いろいろありがとう。
結果的には、良い運転手だったと思いました。
P1080377.JPG

バスに乗ろうとしたら、行きはプリントしてこなくてもバスに載せてくれたのに
帰りはダメということで、1人10MR払いました。

後ろの席に着くと、娘が「i pod touchがない!」と言います。
タクシーで一度出していたので、タクシーに忘れたようです。
バスは、まだ出発しないようなので私はバスの入口まで一緒に行き
娘1人でタクシー乗り場へ行かせます。
でも、ちょうど空港からのバスが到着した時だったので
娘がタクシー乗り場へ行くとタクシーは一台も残っていなかったそうです。
いつ戻ってくるかもわからないタクシー運転手を待つわけにもいかないし
荷物もバスの奥に入っているので出すことができません。
諦めてバスに乗り空港へ向かいます。
旅行中いろいろなものをなくした娘に腹を立ててすごく不機嫌な私と
大切なi pod touchをなくし母に叱られ、泣き始めた娘。
そんな2人を乗せたバスはKLセントラルを出発します。
きっと、同じバスに乗っている人は日本人って怖いと思ったに違いありません。

いつもなら、ここで旅の終わりで寂しくなって落ち込む私も
今回はそれどころではありませんでした。
しかも娘のi pod touchを使って私は昨日夫にメールしています。
ログアウトしていなかったので、私の情報もあの中には入ったままです。
娘の不注意と自分の不注意に腹が立ちます。

おかげで、バスの中で写したマレーシアの風景はこれ1枚。
P1080382.JPG
不機嫌な2人をのせたバスは、空港へ到着します。
バスに預けた荷物を受け取り、パスポートとチケットの入った袋を取り出して
あることを思い出しました。
娘にスーツケースを預けて私は空港内へ走ります。

にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へ
にほんブログ村

マレーシア6日目1 ホテルをチェックアウト [2012年夏 マレーシア]

朝、起きてまだ暗いプールに入ることにします。
昨日もいた、中国の人が一人で泳いでいました。
私達が泳いでいると、泳ぎのアドバイスをしてくれました。
これがマレーシアでの最後のプールです。
P1080352.JPG

朝食を食べに行きます。
前日と同じ中華風のところを案内されたのでほかの席がいいというと
「フロアーのものは食べ放題なので大丈夫ですよ。ほかは混んでいるから」
と、言われたので、最後の朝食なので明るいところで食べたいから待つ
というと、別の場所を案内してくれました。

となりを見たら、隣の人もこちらを見て
「朝のプールで一緒でしたよね」と、少しお話しました。

旅行中、ずっと良い天気でしたが、窓の外をみると雨が降っています。
P1080366.JPG
朝食を終え、チェックアウトを済ませるとホテルともお別れです。
外を見ると約束の時間より前にタクシーの運転手は
私たちを待っていてくれました。

いつも声をかけてくれた明るいベルボーイが荷物を運んでくれながら、
また来てくださいと言ってくれました。

運転手は今日は道路が混んでいると、いっています。
混んでいるのにまたガーネシャにお参りかな?と思ったのですが
今回は既に、朝のお参りは終わっているようで、
かわりにガソリンスタンドへ行きました。
P1080372.JPG
こちらの車は前にガソリンを入れるのですね。
P1080374.JPG

にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へ
にほんブログ村
タグ:マレーシア

マレーシア5日目13 最後の夜は走るのです [2012年夏 マレーシア]

バスターミナルに21時ちょっと前に到着。
P1080295.JPG

スリアは22時に閉まってしまうので、電車乗り場まで2人で走ります。
マレーシアの電車、どのくらいの頻度で来るのか心配でしたが
10分待たずに電車が来て、KLCCで下りると
娘は靴を購入したVINCCIに欲しい時計があったということで
目的のお店まで1人でダッシュします。
陸上部の本気モードの走りで店に向かいます。
遅れて私が店に着くと子供がこんな時間に走ってやってきたのを
不審に思ったのか
娘の後ろで2人のガードマンが見張っていました。
無事に欲しかった時計を購入することができました。
P1080306.JPG

伊勢丹でチョコレートのお土産も購入しました。
私たちがお店最後の客でした。
私たちが伊勢丹を出るとシャッター降り始めました。
P1080304.JPG

クアラルンプールにいるあいだ、いつも行っていたスリアをあとにします。
P1080307.JPG

最後にマレーシアのスタバと言われている
OLDTOWN WHITE COFFEEにはいろうと思ったら
もう閉店とのこと。
P1080314.JPG

結局、マックが最後の夕食になりました。
マレーシアまで来て、ちょっと残念ですが
たくさんやりたいことをして満足だったのでこれでOKです。
P1080321.JPG

こちらのwifiでメールを確認すると夫からメールが入っていて
羽田まで迎えに来てくれるということでした。
ホテルの部屋の前から最後のツインタワーを見ます。
P1080330.JPG
たくさんの経験をさせてくれたマレーシアの夜もこれで終わりです。
寂しい思いがしますが、充分に楽しめたこと
本当にマレーシアに来てよかったと思いました。

この日歩いたのは歩数計によると13.5km。
実際歩いたより、距離が出ているかも?
でも、暑いから歩幅が狭くなっていたとしても10kmは超えていたと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へ
にほんブログ村

マレーシア5日目12 マラッカ(9) マレー系のタクシー [2012年夏 マレーシア]

オランダ広場へ戻り、
マラッカの中心のバス停までどうやって戻ろうかと思っていたところ
韓国人?の女性の降りたタクシーがピカピカでマレーシアにしては珍しいねえ
と娘と見ていたら、運転手が乗る?と聞きます。
中心までいくら?と聞いたらメーターで走るから混み具合で分からないけど
20RMぐらいとのこと。
本当は、マレーシアのタクシーはメーターで走るものなのですが
今まで同じ運転手のタクシーに乗っていて交渉だったので
メーターで走るということがとても新鮮で、いい人に見えます。
なので乗せてもらうことにします。
途中渋滞にあい、19時ちょっと前に到着。
でも16MRでした。
タクシーと思えない安さ。
やはり、運転手はマレー系の人のタクシーが一番いいというのは
本当のようです。
P1080287.JPG

マラッカセントラルのそばには、イオンモールがありました。
P1080286.JPG

娘は最後のお土産を買いたがっていたので、
クアラルンプールにもどらずここで購入するか
急いで戻ってクアラルンプールで購入するかを本人に決めませます。

2時間のバス旅になるので戻ると
もうお店はあまり空いていないかもと思いましたが
行きたい店があるようなので、バスチケット売り場へ走っていき、
一番早く出るバスの時刻を聞いたところあと10分弱で発車する
19時発のバスがあるということ。
行きに買ったバスには乗り遅れたので
そのチケットを購入して、バスを探します。

バスが見つからないので、チケット売り場の方にバスはどこ?と聞いたら
あの運転手のバスよ!急いで追いかけないとバスが出ちゃうよ!
と言われてバスの運転手を追いかけました。
バスの中では2人ともぐったり。

にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へ
にほんブログ村
前の10件 | - 2012年夏 マレーシア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。