So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

【台湾3日目9】 東洋のナイアガラ十分大瀑布へ行く [2013年夏 台湾]

十分大瀑布に行くことにします。
途中は竹に書かれた願いごとを見たり
P1070585.JPG

瓜が洗濯物のようにほしてあったり
P1070586.JPG

日本のガイドブックには載っていないような宿があったり
P1070590.JPG

タイミングよく列車が橋を渡る様子を見ることが出来
私には歩いていて楽しいところでしたが、
P1070612.JPG

とても暑くちょっと坂道もあって母には楽しくない歩きになってしまいました。

娘はマイペースで線路歩きを楽しんでいます。
私の世代だとスタンドバイミーを思い出す風景です。
線路のところって下は石で歩きにくいし、上はバランスとらなければならないので
結構歩きにくいですね。
P1070636.JPG

ようやく十分大瀑布に到着です。
入場料80NTD。
東洋のナイアガラといわれている十分大瀑布ですが
時期が悪かったのか思ったよりも滝の水が少なくて迫力がありませんでした。
P1070642.JPG

母は、わざわざ見にくる必要がなかったんじゃない、と不満そう。
以前だったらガンガン歩いていたはずなのに、体力も落ちていたのでしょうね。
よっぽど、この滝はつまらなかったらしく、帰りの飛行機でも
旅行は楽しかったけど滝はいらなかったね、と言っていました。
おまけに、帰国してから電話をした時も・・・

駅に戻ることにします。
帰りは、下りになるので母の不満は行きほどではありませんでした。
途中で電車がもし行きと同じように5分ぐらい遅れてきたら間に合うけど、ちょっと厳しいかな?
と、時計を見て言ったのですが、
私自身は次の列車にして土産物屋で時間を潰せばいいか、と思っていました。
多分娘も・・・
それなのに、母はその言葉で俄然パワーを発揮。
以前のパワフルな母に戻っていました。
さっきまで、あんなに歩くのが不満そうだったのに、
前を歩いている人たちをどんどん追い抜き駅に到着。

駅にたくさんの人がいるのを見て「間に合ったね」と満面の笑み。
そして、母の笑みと同時に電車が入線してきました。

たくさんの人で乗れないかと思いました が、母の読み通り急いで最後尾にいくと
乗り込むことができました。

さすが、こんな時の母は強い!
今でも得意げに電車に乗り込んだ母の顔を思い出します。
タグ:台湾 十分
nice!(5)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

【台湾3日目8】 願いよ、天までとどけ! 十分の天燈上げ [2013年夏 台湾]

列車も1時間に1本ぐらいしか来ないのでみんな線路を歩きます。
P1070533.JPG

線路の上で皆が何かやっています。
これが今回こちらまで来た目的の天燈上げです。
願いごとを書いて、線路から天燈を飛ばします。
P1070535.JPG

自分の願いにあった色の天燈に願いを書きます。
P1070538a.JPG
一色なら100NTD、強欲3人組は4色の150NTDにしました。
でも、組み合わせは既に決まっていてかなり悩んだ末娘は5番の組み合わせ。
一応日本語訳もありましたが余計わかりにくかったのですが
ただ紫の勉強運をあきらめてしまったことだけは確かなようです・・・
P1070540.JPG

こんなかんじで願いを書きます。
P1070543.JPG

途中列車が来ると、みんな一斉に横によけます。
P1070555.JPG

隣のグループ完成。
綺麗な韓国人の女の子グループだったのでお店のお兄さんも気合が入っています。
P1070550.JPG

書きあがったらお店の人にカメラを渡すと準備しながら天燈を手にした写真を撮ってくれます。
火のついた天燈を持って、お店の人の合図で手を放すと飛んでいきます。
P1000171.JPG

私たち3人のわけのわからない願いを書いた天燈も空高く飛んでいきました。
P1070580.JPG

火がついちゃったまま飛ばして火事にならないのか心配ですが
この地は雨が多いので火が木につくことはないらしいです。
でも、万が一火災の場合は、旅行者に請求が行くという噂もあります。
なので、自分たちの天燈が上がったのを見届けたらさっさと移動しようと思ったら
お店の人がさっさと行ってしまった。
おに~さん!お金払ってないんですが・・・
駅も店も呑気です。
nice!(4)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

【台湾3日目7】 台湾の鉄道、今度は平渓線に乗る [2013年夏 台湾]

人気の観光地九份に行く場合は瑞芳駅で降りてバスになりますが、
私達はその前に平渓線にのって十分に行く予定でした。
瑞芳駅に着くと平渓線に乗り換える人で駅が溢れるほど。

だから八堵駅で乗り換えようと言ったのに・・・
しかも、台北駅で平渓線の切符を買ってこなかったので、2人を待たせて買いに行くことにします。
みんな切符を買ってきているのか、窓口は余り混んでいなかったので
すぐに購入することが出来てホームに戻ります。
平渓線は階段に8~10番に並ぶように書いてありますが、
階段を下りた人以外はその案内は目に入らないところに書いてあったので、
みんな自分の降りたあたりで待っています。
2人を9番あたりにつれて行き平渓線を待ちます。
列車が入線します。
P1070458.JPG

平日だというのに平渓線は沢山の観光客で通勤時の山手線のような混雑でしたが、
9番で待っていたおかげで無事座ることが出来ました。
車内は混んでいますが、山の中に来たという感じでなかなか良い雰囲気です。
P1070478.JPG

十分駅に到着。
殆どがこちらで降ります。
P1070489.JPG
P1070515.JPG

上り列車も下り列車も派手。
P1070499.JPG
P1070502.JPG

中心からの距離と言い、ラッピングの雰囲気と言い秩父鉄道を思い浮かべてしまいます。
秩父鉄道はいつもで空いていますけどね。
こちらが秩父鉄道。
DSC_0015.jpg
帰りも混雑列車に乗ることになりそうです。
小さい駅で1人の駅員では沢山の客をみることもできず、瑞芳駅で切符を購入している人も少なかったので
皆さん料金は払っているのかしら?と思ってしまいました。
タグ:鉄道 台湾 十分
nice!(3)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。